絵本 「escape」

今回アップした絵は、私が2010年に描いた「escape」という絵本で、全22ページあります。
この作品は、いま世界で起こっている砂漠化をテーマにしたもので、緑を広げていく大切さを
描いています。



e0224990_1744212.jpg

それは牧草地で起きた。




e0224990_17451850.jpg

多すぎるヤギたちが、根こそぎ草を食べつくした。




e0224990_17472518.jpg

乾燥したこの地では、ささやかな収穫をすませると




e0224990_17482442.jpg

土地を覆うものがなくなり、風にさらされ、乾いていった。




e0224990_17512223.jpg

樹木は次々と抜かれ、




e0224990_1753455.jpg

薪に姿を変えた。




e0224990_17541050.jpg

黄色いシグナルは無視され、




e0224990_1755338.jpg

小さな声は届かなかった。




e0224990_17555948.jpg

気づいた時には、乾いた者たちが大地を覆いはじめ、




e0224990_17565853.jpg

とうとう囲まれてしまった。




e0224990_17575419.jpg

住みかをなくした人々は、船を作って逃げはじめた。




e0224990_175847100.jpg

そのころ別の地では、長老から若者へ、ひとつの願いがたくされた。




e0224990_17593536.jpg

若者は自分の葉を1枚ずつもぎとると、それを苗木に変え、




e0224990_1804037.jpg

空からばらまいた。




e0224990_1815916.jpg

使命を受けた苗木たちは、すさんだ大地に降りたった。




e0224990_1825695.jpg

乾いた世界で、少しずつ少しずつ力を合わせて成長し




e0224990_1852874.jpg

とうとう、ひとつの草原を作った。




e0224990_1871549.jpg

それは、かの地を目指していた人々に旅の終わりを告げた。




e0224990_188507.jpg

植物たちに許しをこい、もう一度やり直すことを誓った。




e0224990_1893584.jpg

草や木を根こそぎとらずに、うまくつきあう方法を探した。




e0224990_18101942.jpg

収穫した種をまいて、緑を広げるサイクルを作った。




e0224990_18111349.jpg

緑が増えたこの地には、生き物も戻ってきた。みんなが住める家になった。





END





アートの役割は「気づき」だと思います。
手の中の1冊の本が、その世界にトリップさせてくれます。
日常空間に身を置きながら、イマジネーションに浸れるなら、エコの思想を含んだ
絵本の存在が、ひとつの啓発になれるのだと思います。
この作品に興味を持ち、出版していただける出版社を探しています。
[PR]
by yucke29 | 2011-04-21 18:15 | 絵本