六甲ミーツアートに行ってきました。 (六甲枝垂れ編)

e0224990_8331226.jpg

六甲山で今、話題のスポットといえばココでしょう。
2010年にオープンしたばかりの「六甲枝垂れ」です。
まず、このアミアミのフォルムは遠くからでも目を引きます。
「六甲山に立つ大きな木」がコンセプトだそうです。




e0224990_8361148.jpg

内側に入ると、そのアミアミごしの空の表情がグッとせまります。
遠目では全部金属のパイプかと思いきや、小さい網目はヒノキの丸棒をひとつずつ組んでいるのです・・!




e0224990_8385276.jpg

六甲枝垂れの最深部である「風室」から空をのぞんだ写真です。
六甲山にふく風をとりこんだひんやりとした空気に、カツーンと響く足音。
総ヒノキ作りの内装から漂う、ヒノキの香り。
五感が研ぎ澄まされます。




e0224990_8422010.jpg

六甲枝垂れの入り口近くに水をはった棚田のような場所があります。
これは見た目の演出ではなく意味があるというのです。
北海道南部ほどだという六甲山の年間平均気温を生かし、たまった雨水で天然の氷を作ります。
できた氷は人の手で切り出され氷室に貯蔵して、夏には六甲枝垂れ内部のクーラーとして活用されるそうです。
各所に工夫をこらした六甲枝垂れは一見の価値アリです。

・・そしてこんな解説よりも気になるという、真ん中の黒い塊はカラスです。
いえ、死んでません。
グオッと現れて、ジャバジャバッと行水をして、ズバッと去っていきました。


こんな感じの六甲山一日観光でした~。
この後は山上バスで下って、ケーブルカーで下って、路線バスで下って、三宮から深夜バスで去っていきましいた。
熟睡してたら新宿で下りるはずが、終点の東京までいってしまいましたとさ☆


六甲ミーツアートは今日が最終日です。。
六甲ミーツ・アート 芸術散歩2011の公式HP
[PR]
by yucke29 | 2011-11-23 09:02 | FB以前の雑記