千修ロハスイラストレーションコンテストに入賞しました。

このコンペは株式会社千修さんが継続的に取り組んでいるテーマ「ロハス」を感じるイラスト
を募集したものであり、今回で10年目を迎えました。
LOHASとはLifestyles Of Health And Sustainabilityの略です。
その意味とは、健康と環境に配慮した生活、ですね。


その表彰式とパーティーが11月11日、恵比寿のタイムカフェ&ダイナーで行われました。
全国各地からやってきた20名の受賞者のみなさんと審査員の方々とのフリートークのひとときは、
粒と小粒つきで現地に乗りこんだ私も楽しく過ごすことができました。

式後のパーティーでは、奥のソファを陣取り私がコヨミを膝にのせ、ボノがお食事の調達係。
から揚げがやたらと美味しかったですね。
ボノは各受賞者のお姉さま方にいじられて、ご満悦の様子。
得意のウルトラマンのバリエーションを解説しているのを、うんうん聞いてくれる女子達・・
そんな話しで、大人の情報交換の場を奪うんじゃないよと、たしなめておきました。


e0224990_1132974.jpg



そこで私の、鳥と木が共存している絵「シェアハウス」が「MUAMの森」賞をいただくことができました。
ムアムの森と読みます。


MUAMの森とは、どこの森?
それは三菱UFJ投信さんが環境保護の観点から、森を正しく育てて必要な分だけ切ろうね・・という考えのもと、
岩手県岩泉町にある森のことです。
MUAMとはMitsubishi UFJ Asset Managementの略です。


UFJさんでは、5年ほど前から植林に取り組んでいるそうです。
CSR推進室長の松永さんは、東京から行くのはちょっと遠くて大変だけど、今はようやく人の背の高さほどに
木が育ってきたんですよと、笑顔でおっしゃっていました。


かくいう私も、今みなさんが読んでいるこのHP「ゆっけ流」が登録している、ブログを更新するだけで植林
ができてしまうという「グリムス」を通して1本だけ植樹したことがあるのですが、スタッフの方が実際の作業を
代行してくれるため、私の爪に土がついた感触がなく実感は薄いのですが、植えましたよ♪のメールが
届いて、そうか~~とバーチャルにしみじみしたことがあります。


なんといってもMUAMの森は5ヘクタール!!
UFJのみなさんは、代わる代わるに現地に出向いて管理されているとのこと。
これから大人の森になるのが楽しみですね。


e0224990_116268.jpg

受賞式の風景

コヨミをベビーカーに置いて私一人で賞状をもらうつもりだったのに、ここぞの泣きがはいって断念。
仕方がなく抱っこで登壇しようとした私に、千修の下谷社長が、残されたボノを手招き!
わわわ・ありがとうございます。
いざ、みんなで中央に出向いたとたんボノがシャツをズボンに入れはじめて、どこで直してるんじゃーい!!
もう真ん中ー!!
ほんと、おおいにうるたえますわ・・
どうにか賞状をいただきましたが、コヨミで片手を取られた私をボノがサポート。
そこは、よくやってくれた。


e0224990_116516.jpg

下谷社長と一緒にカメラに向かってハイポーズ!!
だけど、赤子は自由だよーー
私の首に巻かれたストールは、織物作家ヤマカワフウちゃんがこしらえてくれたもの。
巣鴨の赤パンツばりのエネルギッシュな赤の力。

e0224990_1171028.jpg


9月に行われた審査会での一コマ。
私の絵を選んでくれた三菱UFJ投信のお三方。
左より経営企画部の中尾さん、古来さん、CSR推進室長の松永さん。



株式会社 千修
「伝えるしくみ、動かすちから。」がスローガン。
プロモーションを得意とする会社です。


三菱UFJ投信 
キャラクターのタネタネフレンズが投資についてわかりやすく解説してます。



MUAMの森にて植樹祭を実地した時のレポート



グリムス
ブログで苗を育成し植林するエコアクション!
ブログパーツ形環境貢献サービスです。
[PR]
by yucke29 | 2013-11-24 11:08 | 参加したイベント