一面の鳥、の正体

e0224990_1338870.jpg
 
上野動物園の隣りにある、鵜の池に行ってきました。
こうべを垂れた蓮の実たち。
通りすぎる人々は口々に、
「鳥かと思った~~!!」



e0224990_13393517.jpg


e0224990_13394983.jpg

そこかしこに、プカプカしてました。
[PR]
by yucke29 | 2012-01-31 13:43 | FB以前の雑記

e0224990_10371934.jpg

西新橋の片隅で40年やっている喫茶店があります。
「ヘッケルン」です。
実はここはyuckeのお父さんのお店で、私はここでコーヒーを飲んでくださるお客さんのおかげで大きくなりました。
やっぱり物事は長く続けるってことが大事なんだなと思わせてくれる父で、最近ではその甲斐あってか、東京ノスタルジック喫茶店2(塩沢槙さん著)や、ソトコト2011年10号の「東京名物カフェ巡り」というコーナーでもご紹介いただきました。




e0224990_10453442.jpg

ヘッケルンは本当に小さいお店で、のんびりとした空気の中、1枚の絵が飾ってあります。
これは、私が描いた「caravan」という作品なのですが、父が気に入ってくれ買ってくれたものです。
私もたまに顔を出すと、いつも笑顔の父と、長らくお手伝いをしてくれている渋谷さんと、自分の絵に出迎えてもらっています。




e0224990_10512714.jpg

caravan
725 X 605mm
acrylic on canvas
2009 リキテックスビエンナーレ#12入選




この界隈は、思いっきりビジネス街なので、ショッピングの帰りにどうぞ~という感じではないのですが、ご縁があったら、お立ち寄りください。
注文を受けてから、サイホンで1杯づついれるコーヒーと、ジャンボプリンがオススメです。




ヘッケルン
東京都港区西新橋1-20-11安藤ビル1階
03-35880-5661
営業時間8:00~19:00
定休日 日曜・祝日・第2土曜


「東京ノルタルジック喫茶店2」著者、塩沢さんは、レトロな喫茶店巡りのエキスパートの方です☆
塩沢槙さんのブログはコチラ
[PR]
by yucke29 | 2012-01-27 11:11 | 参加したイベント

e0224990_9292266.jpg

ビシ~~~。
どんだけ~~~。

歩いている右から左から、苔が忍びよるこの湿度感。
秩父のお母さんは、お肌がしっとりでしょう。。
[PR]
by yucke29 | 2012-01-20 09:32 | FB以前の雑記

苔のつらら??

e0224990_9255623.jpg

屋根から、モリモリした苔が垂れてきてるよ。
みんな手を離すな~!



帰りに寄った日帰り温泉で、「酢豚ライス」を食べました。
「うどん」や「そば」が並ぶ食器券売機のボタンに、フツーに存在している「酢豚ライス」・・

「ねー、これってどうやってでてくるんだろうね?」
「ごはんの上に酢豚がのっているんじゃない。」
「それじゃ、酢豚丼じゃん。」
「そうか。じゃあ、定食みたいに別の皿でくるのかな。」


これがきました。 ↓  ↓  ↓  ↓

e0224990_932711.jpg

ん。 そうか・・
そうかもしれないね・・
思い出したけど、カレーライスの隣りのボタンだったね。
ごはんに福神漬けもついているしね。
もう、完璧だよ。
[PR]
by yucke29 | 2012-01-18 09:43 | FB以前の雑記

e0224990_22132011.jpg

奥秩父の冬の名物だという「三十槌の氷柱(みそつちのつらら)」を見に行ってきました。
つららは、そこかしこの壁からぶらさがっていて、最初はなんでここからつららがでているの?と仰天します。
でもそれは岩肌からしみでる湧き水が創り上げる天然の氷のオブジェだというのです。
荒川源流の大自然の中にできあがるこの氷柱は1年で最も寒さの厳しい1月中旬から2月中旬まで見れるそうです。




e0224990_2221442.jpg

おそるべし、湧き水の力。。




e0224990_22225522.jpg

家と木が氷で一体化しています。




e0224990_22233624.jpg

川が~!川が~!
衝撃の割れ方。
何をしたらこうなるの?




e0224990_22243886.jpg

キレイです。
時が止まった波打ち際。




e0224990_22251579.jpg

氷の日本庭園ができあがっています。
氷のすじが、もはや枯山水です。
(枯山水とは、砂に熊手を引きずった跡のような例のヤツです。)




e0224990_2227579.jpg

葉っぱがクッキリ、氷の標本です。
こうやって、次の世紀に過去のものが伝わっていたのですね。




e0224990_22293768.jpg

氷の厚み。
大人が歩いても割れませんでした。
それより、氷の下の水はどこへ行ったの?
中が空洞だけど。。




そして、何より驚いたのが20分ほど散歩して帰ってきたら、これらの川の氷がすべてなくなって、急流の川になっていたのです!!

え???
このわずかな時間に何が起きたの?
さっき見た、波打ち際は?
日本庭園は?
葉っぱの標本は?
全部なくなっている・・
とても同じ場所とは思えない。




e0224990_2235831.jpg

さっき渡った長さ2メートルくらいの橋すら、水没しかねない水位です。
というより、橋の手前が水で溢れ、橋に行けないのです。
慌てて、その場にいたみなさんと協力して、そこらへんにあった石を10個ほど水に投げ入れ、橋に行くための橋をかけました。
みんな、この事態に驚きを隠せないまま石を渡ります。
この川の勢いでは、また後で、この石も水没するかもしれません。


上の写真の左奥の川が、氷がはっていた川です。
ついさっき、天然のスケートリンク~♪ などと、氷の上を滑っていてもなんともなかった川が・・、水の力を思い知りました。


帰りにこちらを管理しているキャンプ場の人に話しを聞いたら、ここの近くにダムがあり、予定以上の放流をしたために起きた出来事だと言っていました。
そうか・・、上流のボタンひとつで下流がこの事態になるのか。
私より後にまだ何も知らずに散歩していた人たちがたくさんいたけど、みんな無事に渡れただろうか。


これは私の予想ですけど、だから氷の下に水がなかったのかもしれません。
ダムの水を止めていた間に、上の方から凍っていき、下の層は凍る前に下流に流れて行ってしまったー?
ただし4枚目の写真の氷の割れ方には疑問が残ります・・。

いろいろと体験した一日でした。



秩父観光協会のHP
[PR]
by yucke29 | 2012-01-16 23:03 | FB以前の雑記

真冬の花

e0224990_97499.jpg

私の中で冬の代表格の花、「葉牡丹」です。
キャベツを観賞用に改良したという経緯のごとしキャベツ具合。
そこにレーシーでガーリーな感じが胸キュンです。



e0224990_910555.jpg
よく行くスーパーに売られていたもの。
[PR]
by yucke29 | 2012-01-12 09:12 | FB以前の雑記

小さな放課後

e0224990_9181686.jpg

紅く燃ゆる街路樹。
日が暮れるまでが遊びの時間です。
3輪車を卒業して2輪に昇格、かと思いきや補助つきだから実は4輪・・
友達と練習に励んでいます。
[PR]
by yucke29 | 2012-01-10 06:34 | FB以前の雑記

落ち葉川の氾濫

e0224990_1010275.jpg

この時期、落葉樹が落とす葉の量はハンパないです。
ゴボッ、ゴボッ。
U字溝のキャパを超えた落ち葉が溢れて、対岸とつながってしまいました。


e0224990_9532680.jpg

その頃、通りすがりに歩いていた猫。
「お~い、猫~。」
呼びかける私を流し目でかわし、歩くスピードも落とさずに去っていきました。
たぶん、何も急いでないくせに。
[PR]
by yucke29 | 2012-01-08 10:19 | FB以前の雑記

空に舞うオバQ

e0224990_735527.jpg


今年はベタに元日から凧上げをやったものの、無風~~!
地上で走るのをやめられません!

こじんまりした広場で4世帯、キツかったです。
なぜなら常に輪を描くように走り続けながら、地上では凧を持つ相手とぶつからないように、空では相手の糸に絡まないようにするという高度テクニックを要するのです。
これは競技ですか・・?
私なんか息もキレギレ。
正月の娯楽の範囲を超えているぞ。
背中に汗をかいたので、家にひきあげました。

*写真で凧の糸を見ると、引っ張っているのが、丸わかりです。
 空に浮かんでないという。
[PR]
by yucke29 | 2012-01-06 07:55 | FB以前の雑記

福笑い

e0224990_7373454.jpg

なごむわ~、この笑顔。



2011年の総括&年末年始のご挨拶
[PR]
by yucke29 | 2012-01-04 07:41 | FB以前の雑記