『KONICA MINOLTA エコ&アートアワード2014 supported by Pen 』に入賞
しました。
3月に新宿で開催です☆



この展示はアートの視点で環境活動(エコ)を促進するための芸術作品、
製品デザイン、グラフィックデザインなどを募集したものです。

コニカミノルタプラザさんでは、「アート(芸術)」には環境問題の解決に
役立つ力があると考え、eco&artというテーマを揚げました。
捨ててしまうものがアートの力で欲しいものに生まれ変わったり、アート作品
の魅力が行動を起こすきっかけとなったりと、「アート」には人々に影響力を与え、
人々の生活までを変化させてしまう力があると信じるコニカさんは、この「art」
の力によって難しく面倒なイメージをもってしまう環境(eco)活動が身近で・
継続的なものになるようにと願っています。



yuckeの入賞作品のタイトルは緑の狐と書いて、リョクコと読みます。
この作品は草花をコラージュした従来の押し花とは違い、植物の衣をまとった
動物が登場するのが特徴です。
その衣とはねこじゃらしです。
私はねこじゃらしが好きで、見ていても触っていても、心が少し楽しくなります。
草花と、お~いと口を開けた狐がいる風景。
誰かを呼んでいるのか、何かに語りかけているのか、どうぞ自由に想像してみてくだい。





以下は公式ホームページより抜粋しています。




開催概要


コニカミノルタ株式会社が社会・文化・芸術への貢献を目的に運営するギャラリースペース
コニカミノルタプラザでは、2014年3月8日(土) ~3月24日(月)の17日間『KONICA MINOLTA
エコ&アートアワード2014 supported by Pen 』(以下『エコ&アート アワード2014』)
作品展を開催いたします。

昨年、“環境と芸術を融合させたアイデア・デザイン”をテーマとして『エコ&アート
アワード 2014』の作品募集を行い、計313件の応募作品の中から厳正なる書類審査の結果、
「ビジュアルアーツ部門」、「プロダクト&コミュニケーション部門」の入選作品計32点を
決定いたしました。

審査員には安藤貴之氏(雑誌Pen 編集長)、廣田尚子氏(プロダクトデザイナー)、
山本裕子氏(ギャラリスト/山本現代オーナー)に加え、新たに、鈴野浩一氏/禿真哉氏
(トラフ建築設計事務所)のお二人を迎えしています。今回も多数の個性豊かな作品の応募
を頂き、アートコンペとしての『エコ&アートアワード』が果たしていく役割も大きくなって
きています。また応募作品のレベルも上がり、作品展ではその中から選ばれた若手の素晴ら
しいアイディア作品をご覧頂けます。







住所

〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11 
新宿高野ビル4FTEL03-3225-5001FAX03-3225-0800


開館時間

10:30~19:00(最終日は15:00まで)
休館日年中無休(但し、特別休館日あり)

入場料無料


交通機関

JR新宿駅東口、地下鉄丸の内線新宿駅A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)
新宿通りに面した入り口からは入場できませんのでJR新宿駅沿いの入り口をご利用下さい。
詳しくは下記、周辺MAPをご覧ください。



e0224990_12202855.gif


e0224990_1220444.gif

[PR]
by yucke29 | 2014-02-24 12:27 | 参加したイベント